即日融資 即日融資の審査基準

即日融資の審査基準

消費差金融や一部の銀行カードローンでは即日融資が可能になっているので急ぎの時には大変助かります。即日融資が可能なのは、仮審査がコンピューターによる自動審査で行われているからです。

 

自動審査は、入力された情報を点数化してある一定の点数に達した場合に審査に通るようになっています。入力情報には住所や名前の他に、勤務先や、勤続年数、勤務形態、年収、住居、他社からの借入件数、借入残高の総額などの情報があります

 

 

職業は安定した職業で、雇用形態も正社員であればポイントは良くなります。また、アルバイトやパートの方でも勤続年数が長ければポイントが高くなります。住居は住宅ローンがない持ち家で、居住年数が長いほうが評価は良くなります。賃貸でも、居住年数が長ければ審査には有利になります。また、電話は固定電話がある方が有利ですし、独身の方ならご両親と同居している方が、一人暮らしよりも審査に通りやすくなります。

 

今までの借入状況は、借り入れがあってもきちんと返済して実績を作っていれば審査には有利になります。逆に著しい延滞の記録や債務整理の記録が信用情報機関に残っていると審査には通りません。そのような記録が消えてから申し込むのが無難です。借入件数に関しては、消費者金融であれば5,6件の件数があっても借り入れが可能です。ただし、年収の3分の1を超える借り入れはできませんので、すでに借入残高が年収の3分の1に達していれば審査には通りません

 

仮審査に通ったら本審査がありますが、本審査の際には本人確認書類を提出する必要があります。限度額によっては収入を証明できる書類を提出する必要もあります。本審査で問題がなければ、契約手続きをして即日融資してもらうことができます。

 

即日融資の審査はスピーディーに行われますが、それでも金融機関からすれば、返済能力と信用性を確認するための非常に重要な段階なので、簡単に通るというわけではありません。自分の属性にあった金融機関を選んで即日融資がスムーズに受けられるようにしてください。